団地再生事業協同組合

団地再生事業協同組合は団地の再生・発展をご提案します。

私たちが目指す団地のすがた

1. 多様な世代が集うにぎわいのある団地
Public Housing Complexes that Gather Various Generations

多くの大規模住宅団地は、同時期に子育て世代を中心とする居住者を大量に受け入れたことから、年月の経過とともに、その世代が直面する課題が顕著に現れる傾向にあります。現在では、高齢世帯の増加や若者世代の減少等、急激な少子高齢化にともない、コミュニティの衰退や近隣センターによるサービス機能の低下など、まちの活力低下をもたらす問題に直面しています。Most large-scale public housings cater to families who raise their children most of their dependent lives within the premises. As the Japanese society experiences a rapid low birthrate, and therefore, increasingly saturated elderly population, there has been a tremendous decline in community interaction, and service function of the neighborhood. Our aim is to welcome young residents of different professions and backgrounds in order to establish a dynamic public housing complex for various generations.

そこで、私たちは、現在の入居者が住み続けられることは勿論、積極的に新たな若者世代を呼び込むことによって、「多様な世代が集うにぎわいのある団地」の実現を目指していきます。

多様な世代が集うにぎわいのある団地

地域の特性をいかした快適な団地

2. 地域の特性をいかした快適な団地
Comfortable Public Housing Complexes That Adapt to Local Characteristics

多くの大規模住宅団地は、道路や鉄道等が計画的に整備され利便性に優れているばかりでなく、大規模な公園や斜面地などへの緑化等、快適な環境が確保されています。
Excellent accessibility and a comfortable environment are requirements for building a large-scale public housing. Our goal is to redesign comfortable public housing complexes that adapt to local characteristics, while considering their particular surroundings.

そこで、私たちは、こうした利便性や快適性等のポテンシャルをいかし、都心や駅からの距離や周辺地域の土地利用など個々の団地の特性を十分に踏まえながら、「地域の特性をいかした快適な団地」の実現を目指していきます。

3. 豊かな都市環境と安全安心を備えた団地
Safe and Secure Public Housing Complexes with an Affluent Urban Environment

多くの大規模住宅団地は、不燃性の高い住棟や、豊富なオープンスペース等、防犯性の高いまちとして整備されてきましたが、長い年月を経て、団地内インフラの老朽化などの問題を生じるとともに、昭和56年の耐震基準改正前に建てられた住棟が残っているため、その対応が急がれています。また、住民の高齢化や単身世帯の増加等により、地域コミュニティによる自助・共助の力も衰えてきています。
東日本大震災により、地震など自然災害の脅威に対して、都市の安全性を確実なものとすることの重要性を再認識することとなる中で、こうした問題への対応が喫緊の課題となっています。
一方、都市における犯罪が多様化する中で、大規模住宅団地のまちの構造や、住民構成等の特性も踏まえて、身近な場所で起こりうる、高齢者や子供などへの犯罪を未然に防ぐまちづくりが求められています。
また、地球環境保全やエネルギー確保の観点から、自然環境の保全に加え、省エネや省資源対策が、今後の都市づくりの重要な課題となってきています。Old residences, originally developed with a high level of security against crime and fire, are now facing problems of aged infrastructure and the gradual weakening of self-reliance within communities. After the Great East Japan Earthquake, these issues especially, have become pressing concerns that called for the increasing importance of safety measures against natural disasters. Crime prevention for the elderly and children is also another issue, in addition to the ecological changes. Security measures are crucial in urban planning that must consider the structure of large-scale housings and their local demography. Our vision, therefore, is to reconstruct safe and secure public housing complexes with an affluent urban environment.

そこで、私たちは、入居者のための「豊かな都市環境と安全安心を備えた団地」の実現を目指していきます。

豊かな都市環境と安全安心を備えた団地

1970年代

現在


PAGE TOP

ページ上部へ


Notice: Use of undefined constant user_level - assumed 'user_level' in /export/sd207/www/jp/r/e/gmoserver/9/2/sd0350392/danchi-saisei.jp/wordpress-3.5-ja-jetpack-undernavicontrol/wp-content/plugins/ultimate-google-analytics/ultimate_ga.php on line 524