団地再生事業協同組合

団地再生事業協同組合は団地の再生・発展をご提案します。

私たちの提案

1

多様な需要に対応した住環境の更新(リフォーム・リノベーション)
Renovation of a residential environment that responds to various residents’ needs

少子高齢化や人口減少が進行している大規模住宅団地において、にぎわいや活力、共助による支え合い等を創出するため、高齢者や子育て世代などが混合して住居する多世代ミックス居住の促進を図ります。
In Japanese large-scale public housing communities, there has been a visible population decline and rapid aging of the society. We aim to address these social problems positively by promoting mutual support and vitality among the residents in the living environment, responding to their diverse needs, and by encouraging a multi-generation of residents: young singles, child-rearing couples, elderly, and people with disabilities.

高齢者、障害者、子育て世代など全ての住民に対し、
多様で魅力ある住宅の更新をご提案します。

多様な需要に対応した住環境の更新(リフォーム・リノベーション)

例えばこのようなご要望にお応えします。
  • 住戸を洗練されたデザインにリフォームしたい。
    Reform to a stylish design
  • 2つの住戸を1つの広い住戸につくり替えたい。
    Consolidation of two units into one
  • カフェのような空間をつくりたい。
    Re-layout to create a café-looking space
  • バリアフリー化や間取りの見直しをしたい。
    Review of the floor plan and creation of a barrier-free design

2

ストック活用による住み替え(よい建物を、上手に長く使う)
Long-term usage of reliable architecture

高齢者からは、利便性が高くバリヤフリー化された住まいへ住み替えたいというご要望を多くお受けします。
私たちは、建替えによる再生だけでなく、活用可能な住棟を使って、住み替えによるストック活用も効果的に促進する必要があると考えます。
例えば、高齢者が階段を使わないで生活できるよう低層階へ住み替えることや、高齢者と子ども世代が住居できる住み替え、子育て世代が低廉な価格で住戸を購入できる仕組み等、ライフステージの変化に応じて柔軟に住み替えられる仕組みづくりを図っていきます。
We propose a practical public housing facility that implements the barrier-free function to provide the elderly utmost convenience and comfort in their mobility and daily routines, such as avoiding the use of stairs, and relocating them to lower floors. Simultaneously, homes can also allow the ease of child rearing and adapt flexibly to changes, based on one’s different life stages.

例えばこのようなご要望にお応えします。
Sample Needs
  • エレベーターの無い住棟で、高齢者が階下へ転居できるようにしたい。
    Construction of living quarters without stairs, and relocation of the elderly to lower floors
  • 親世帯の近くの団地に住みたい。
    Easy access to the parents’ home
  • 今の住居での不満を解消して、出来る限り長く住みたい。
    Provision of maximum satisfaction to the residents and building a long-lasting structure

ストック活用による住み替え(よい建物を、上手に長く使う)


3

高齢者や子育て世代などへの生活サービスの充実
Substantial life service for the elderly and the child-rearing generation

多くの大規模住宅団地では、高齢者が増加する半面、子育て世代などが減少する傾向が顕著になっています。
私たちは、高齢者や子育て世代など多世代がバランス良く混合して住むことこそが、支え合いやにぎわいの醸成、活性化が図れるものと考えます。
行政、医療と介護、住民等と連携して、高齢者や子育て世代などを支援する生活サービスの充実を図るとともに、高齢者施設や障害者施設の誘導や、子育て世代の転入を促すための保育サービスなど子育て支援の充実を図っていきます。
There is an apparent increase in the elderly population in many residential communities as opposed to a gradual decrease in the child-rearing generation. We aim to create a balance between these two phenomena by building an environment that will allow the young, elderly, and people with disabilities to be able to mutually support each other, for example, through the cooperation of the administration, and medical and child care services.

高齢者や子育て世代などへの生活サービスの充実

例えばこのようなご要望に対し、わたしたちも一緒に考えていきます。
Sample Needs
  • 夫婦が共働きのため、子供の保育・託児サービスが欲しい。
    Efficient child care services for parents with double incomes
  • 団地のにぎわい創出のために、子供達も一緒に参加できる、イベント・お祭り・しつけ教室・ワークショップ等の企画提案が欲しい。
    Planning of activities and events, such as festivals, tutorial classes, workshops, etc. that can involve the participation of children, as well as adults
  • 団地内商店街の空き店舗を利用し、地域の高齢者や子供たちの見守り活動を行いたい。
    Use of vacant shops within the housing complex where the elderly can work and watch children
  • 団地内の緑地を利用して、野菜づくりをしたい。
    Production of vegetables using the green environment surrounding the complex


4

地域で働ける身近なビジネスの創出
Creation of Friendly and Functional Business

今後の高齢社会の到来に向け、元気な高齢者が他の高齢者を支えたり、若者世代や子育て世代と高齢者との共助の仕組みづくりが必要と考えます。We believe it is necessary to establish an environment where the elderly, the young generation, child-rearing couples, and likewise, residents with disabilities are able to collaborate with and support each other in embarking on small business projects.

それらの取り組みをビジネスとし、高齢者のみならず子育て世代や障害のある方など、働く意欲のある住民が身近で働けるような雇用機会の創出を図ります。

例えばこのようなご要望に対し、わたしたちも一緒に考えていきます。
Sample Needs
  • 団地の空き店舗を利用して、地域の人材が、高齢者・子育て世代や障害者を支援するようなコミュニティビジネスをつくりたい。
    1. Use vacant shops in the housing complex to set up community businesses among the elderly, young generation and people with disabilities.

  • 団地スクールをつくり、自分たちの経験・知識・特技を、地域の子供たちへ伝えたい。
    2. Establish a school in the complex premises where the residents can share their experiences, knowledge and abilities to the children.
  • 地域の大学と連携し、新しいサービスやモノづくりをしたい。
    Cooperate with the university in the area to offer new services and creative products.

地域で働ける身近なビジネスの創出



PAGE TOP

ページ上部へ