団地再生事業協同組合

団地再生事業協同組合は団地の再生・発展をご提案します。

団地再生事業協同組合について

首都圏の大規模住宅団地は、高度経済成長期から入居が始まり、約40年が経過しました。
近年では、居住人口の減少や住民の高齢化、住宅や施設の老朽化・陳腐化等、開発当時には想定されなかった様々な問題に直面しています。

一方、こうした大規模住宅団地では、計画的に整備された公園・緑や歩行者通路、住棟間の広いオープンスペース等、今日では貴重な、ゆとりある環境を備えているという、大きな財産とも言うべき特徴があります。大規模住宅団地は、数千戸の戸数を有する地域の中の一つの「まち」というべきものであり、その今後のあり方は、その地域だけではなく、首都圏全体のまちづくりにとって、大きな意義をもつものと考えられています。

そこで、こうした大規模住宅団地が、そのポテンシャルを十分にいかし、若者世代のライフスタイルの多様化、少子高齢化の進展、将来的な人口減少社会への移行など、社会経済情勢の大きな変化に柔軟に対応し、地域の活力・魅力の向上に貢献できるよう再生・発展していく一助となるために、国土交通省認可の新しい組織が設立されました。

「私たちが少年期を過ごした日本の団地を、もっと楽しく、安全で、安心や成長が持続可能な街にしたい。」
建築家・デザイナー・クリエイター・医師・法律家など、普段はそれぞれの分野で活躍する専門家が集結し、地域の特性を生かした魅力ある団地ライフの実現に向け、再生・発展のご提案をおこなってまいります。
Large-scale public housing complexes in the Tokyo Metropolitan area, which have been existing for about forty years, and have been facing unanticipated problems, are characterized by their spacious design with well-planned parks, greenbelts, and pathways between buildings. One entire complex itself can be called a “town.” The future of these complexes has a great impact not only on local communities, but also on the overall urban development of the Metropolitan area.

Based on this premise, the Ministry of Land, Infrastructure, Transport and Tourism has approved a new organization that would assist in the redevelopment of such large-scale housing complexes to enhance vigor and an attractive lifestyle in the local communities, while flexibly addressing the drastic socio-economic changes.

Our organization is a group of dedicated experts from various fields—architecture, design, medicine, law, and more—who work together to make the domestic life in the Japanese public housing complex more comfortable, convenient, and sustainable.

PAGE TOP

ページ上部へ